投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


伊藤愛子さん 12月2日(日)レディオ湘南生放送出演

 投稿者:ねーね  投稿日:2012年11月20日(火)23時42分23秒
  伊藤愛子さんが「ざいつきげんの音楽鍋」~レディオ湘南(FM 83.1MHz)~に今年2度目のゲスト出演することが決まりました。

放送は12月2日(日) 20:00~21:00  です

10月15日の50周年リサイタルにいらしたという、ざいつさん。愛子さん
から今回はどんな話を引き出して下さるのでしょうか。

こださん、また愛子さんのコンサートの時にどこかの会場でお目にかかりましょう!
 

 投稿者:とろりん村のとろりメール  投稿日:2012年10月30日(火)22時59分46秒
  ☆wishy-washyさま

やはり、そうでしたか…。何というか、嬉しい気持ちでいっぱいです。

ブログを拝見して気づいたのですが、wishy-washyさんは1965年(昭和40年)生まれなんですね。
ぼくも、そうです。wishy-washyさんは、もう少し年上の方だと思っていました。

>妻の小学校時代の女友達としてたった一名、披露宴に出席した方が、何と治さんの奥さんだったのです

これは、すごい偶然ですね!
確かに、世の中は狭いです。wishy-washyさんに、この掲示板へ書き込んでいただけたのですから…。

オリコン通信の誌面だけを通して、そのペンネームと御投稿を拝読していた「オリ通寄稿士」の方と、こうしてお話し
しているのは、何だか不思議な感じがします。

ぼくが「オリコン・ウィークリー」を特に愛読していた学生時代には、将来、インターネットのようなものが普及する
とは想像さえできませんでした。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
 

伊藤愛子さんの歌声は素晴らしい

 投稿者:けいこ  投稿日:2012年10月29日(月)14時46分37秒
  伊藤愛子さんの
歌手生活五十周年記念「歌ある限り」のCD♪♪を聴きました。
力強く迫力ある声量、響き渡る歌声、とても感動してます。

私にとって嬉しいことは、
今現在の愛子さんの歌声がCDで聴けることです。

私が生まれる前に大活躍をしていた頃のヒット曲を
毎年サマーディナーショーで目に焼きつけ、
レディオ湘南FM「ざおつきげんの音楽鍋」で流れた当時の歌声を耳にし、
そして、先日の50周年リサイタルに行けなかった残念な思いもあり、
その愛子さんの歌声が、
いつでもどこでも聴けることができ、今とっても嬉しいです。

恒例のサマーディナーショーが今から待ち遠しいです。

愛子さん、ここの書き込みを見てくれていますよね!
仲間や家族で温かく見守っていきます。 「ありがとうございます(^ー^)」
 

ご推察の通りです。

 投稿者:wishy-washy  投稿日:2012年10月27日(土)23時19分8秒
  とろりん村のとろり様

 レスが遅れてどうもすいません。わざわざブログをご覧下さってどうもありがとうございます。

 とろりん村のとろり様のご推察通りで正解です。お気遣い戴きどうもありがとうございます。大昔のことではありますが、あえて披露する代物でもないと思いますので、今後もwishy-washyというペンネームでお邪魔させて戴くことにしたいと思います。

 ところでオリコン通信といえば、私が常連だった頃は「治さん」がコーナーの担当をされていて、随分とお世話になりました。その後ン十年経って、私はある女性(現在の妻ですね)と結婚することになったのですが、妻の小学校時代の女友達としてたった一名、披露宴に出席した方が、何と治さんの奥さんだったのです(その奥さんもオリコン編集部で働いておられたとのこと)。私が妻と知り合ったのは、オリコンとは全く無関係だったのですが、世の中にはこんなこともあるのか!と驚きました。つくづく世間というのは狭いものですねぇ。

 ・・・つい懐かしくて自分のことを書きすぎてしまったことをお許し下さい。

 今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

アナログ

 投稿者:いのまさ  投稿日:2012年10月27日(土)15時59分38秒
  こんにちは。
ずっと疑問に思ってるんですが松本伊代の89年発売のシングル
「悲しくてやりきれない」は正規盤はCDなんですよね?
プロモが出てるのは知ってるんですが発売当時レコード店で
アナログが置かれてるのを見た記憶があるんです。
しかし実際の所CDが正規盤となっていてずっと引っ掛かってました。
ビクターの歌手が89年にアナログを発売してるので
このシングルもアナログが出てるものだと思ってました。
しかしそうじゃないとなると記憶違いで見間違えたんでしょうか?
同日発売の高岡早紀「薔薇と毒薬」はアナログでも発売されました。
荻野目洋子の「ユア・マイ・ライフ」もアナログで発売されてますね。
 

建二さんの続き

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年10月26日(金)21時18分58秒
  私はカンツォーネ、シャンソン等とは縁がなかったというか、歌の内容のような濃密な恋愛をしたことがないせいかなんなのか、
あまりそのジャンル(はっきりジャンル分けもできません)系は理解するには難しい分野でした。

ステージでの愛子さんを目で追っているだけで満足で興奮し、「さすらいの慕情」の時は涙し、
感性は多感な少女のままのつもりで、愛子さんのステージを見つめ続けていました。

今回の50周年記念リサイタル、
愛子さんの歌のうまさは今更述べるまでもなく、プロの方々もが認める周知の事実ですが、
今回、初めて私の記憶の中のおさげ髪の「アイ子ちゃん」は大人の歌手「伊藤愛子さん」
なんだと強く感じました。
エディット・ピアフ
愛子さんの歌のドラマの中に引きこまれました。
心が震えました。

今、お土産CDのちょうど「アドロ」を聞きながら入力していますが、
自室で聞いていると、ステージとはまた違うしっとりとした良さが味わえます。

愛子さんが天性の歌の上手さに加え、いかに努力家か、いかに勉強しているか、
常に進歩していらっしゃるお姿は、私のこれからの残りの人生の励みになります。

改めて、愛子さんのステージまで私を導いてくださった、「モナムール」のとろりさん、ねーねさん、
そして愛子さんグッズを提供してくださった建二さん、小清水さん
感謝いたします。

そしてなにより伊藤愛子様、今後の生き方を考える機会をくださりありがとうございます。

ちょっとお手紙ふうになっちゃいました。テヘッ





 

行ってきました

 投稿者:建二メール  投稿日:2012年10月22日(月)19時10分19秒
  伊藤愛子さんの50周年記念リサイタルに行ってきました。
初期の懐かしい曲が続々と出てきて、その中の「チコと鮫」はまるで私の為に歌って頂いている様な気になり幸せでした。
すばらしい「愛の賛歌」で締めくくったピアフの生涯、節目となった記念の曲等
又、素晴らしい50周年記念のCDのお土産、有り難うございました。
小清水さん、コダさんには過分のご配慮を頂き、御好意には恐縮してます。
色々、思いがけない嬉しい事が重なり、只、感激の一夜でした。
愛子さんのこれからの御健康と御活躍を御祈り申し上げます。
 

 投稿者:とろりん村のとろりメール  投稿日:2012年10月20日(土)01時05分53秒
編集済
  ☆wishy-washyさま

こちらこそ、はじめましてm(__)m。

オリコン通信ですか…。ぼくが「オリ通」に投稿し、毎号熟読していたのは、もう四半世紀も前のことになります。
時の流れは早いものですね(しみじみ)。

ブログの方、さっそく拝見させていただきました。

wishy-washyさんがオリ通常連であられた頃のペンネームは、おおよそ察することができました(笑)。
決め手は、下記URLです。

http://ameblo.jp/wishy--washy/entry-11322580335.html

でも、万が一でも間違っていたら気まずいですし、何よりwishy-washyさんがそのペンネームを公表することを望んで
おられないかもしれないので、ここでは書かずにおきます(間違っていたら、申し訳ありません...)。

ぼくが好きな網倉一也作品は、

「I THINK SO」(岩崎良美)
「レディ直前」(柏原よしえ)
「ガラスの夏」(柏原よしえ)
「旅の手帖」(石毛礼子)
「水色の輝き」(小出広美)
「虹いろの瞳」(新井薫子)

などです。

オリ通常連であられたwishy-washyさんが、この掲示板に書き込んでくださったことを光栄に思っています。
今後とも、何とぞよろしくお願い致しますm(__)m。

☆BLさま

ご質問、ありがとうございます。
ぼくにはちょっとわかりかねますので、どなたか知っておられる方からの投稿をお待ちしておりますm(__)m。
 

ご存知の方、おられましたら・・・・情報

 投稿者:BL  投稿日:2012年10月20日(土)00時05分37秒
  皆様、ご無沙汰しております。
「夜のヒットスタジオ」ブログ管理人のresistance-k(BLUE)です。

実は、ただ今もう一つのブログ(こちらは夜ヒットを含む昭和テレビ・歌謡曲全般を扱っているのですが)のほうに係りきりになっておりまして・・・近いうちに、長い事放置状態になっております「夜ヒット」ブログに記載したデータを色々内容を補完した上で、もう一つのブログに移そうか・・と考えております。

それに際して、再度、色々出演日・曲目が不明な歌手についてリサーチをかけているのですが、どうしても詳細が判然としないものがいくつかございましたので、この掲示板をごらんの方で有力な情報やエピソードをご存知の方がおられましたら、ぜひ教えていただきたく存じます。
<出演した記録が不明な楽曲>
・上條恒彦「どこかで誰かが」(1972年4月~6月頃に出演?)
・・・現時点で判る限りでの最初の番組出演は1972年7月3日「あなたがいれば」。しかし、上記の楽曲がフジテレビ系の人気時代劇(木枯し紋次郎)の主題歌として大ヒットした経緯を考えると、1972年7月よりも前の段階で既に初出演をしていると見るのが自然では?
・夏木マリ「絹の靴下」(1973年7~9月頃に出演?)
・・・現時点で判明した限りでの最初の出演は1974年6月24日「夏のせいかしら」。
・金井克子「他人の関係」(1973年4月~6月頃に出演?)
・・・番組の最初期の頃から新曲を発表するたびに出演していたが、なぜか彼女の代表曲である上記の楽曲がヒットしていた期間の番組出演実績に関する記録が現時点で皆無なのが不自然。
・梓みちよ「二人でお酒を」(1974年4~6月頃に出演?)
・・・最初期からの常連歌手だが、彼女もこの曲のヒット当時の出演記録が現時点で皆無なのが不自然。
・小坂明子「あなた」(1974年1月~3月頃に出演?)
・・・現時点で判る限りでの最初の番組出演は1974年8月12日。しかし、フジテレビ系が中継を行っていた「世界歌謡祭」でグランプリを受賞したことで大ヒットに結びついたという経緯を考えると、既にヒットしていた最中の時期に番組に出演していた可能性がある。
・殿さまキングス「なみだの操」
・・・前後に発表された楽曲(「北の宿」、「夫婦鏡」)での出演実績は、放送当日の新聞テレビ欄での出演者表記に記載があった(1973年8月、1974年5月)ため確定済。しかし、最大のヒットである上記楽曲での出演実績に関する記録が現時点で皆無。

<出演した時期が不明な歌手>
・小野さとる
・・・1983年に”新人枠”で出演していることは確定済。ただし、1983年放送分のどの回に出演したのかは不明。
・鳥羽一郎
・・・・出演した実績はあるが、具体的な出演時期が不明。
・川口雅代
・・・・1981年の秋(10月頃?)に「MISS CALL」という曲で出演している模様。但し、不確定な部分が多い。

ぜひ、ご一報のほどよろしくお願いいたします・・・・・。

http://blog.goo.ne.jp/resistance-k/

 

はじめまして。

 投稿者:wishy-washy  投稿日:2012年10月18日(木)15時48分59秒
   このHPは開設当時から何回も(・・・いや、何百回もだと思います)拝見しておりましたが、掲示板に書き込むのは初めてです。

 このHPの掲示板アーカイブにもペンネームが登場する(発見したときはそりゃ驚きましたとも)、オリコン通信の常連だった者です(汗)。

 当時のペンネームは・・・とろりん村のとろり様なら、私が現在運営しているブログをご覧になったら「ははーん」と推測できてしまうのではないかと。ちなみに現在は全く違うペンネーム(wishy-washy)を使用しております。

 ・・・こういうのを、飛んで火にいる恋の虫、もとい、飛んで火にいる夏の虫 というのかもしれませんが(爆)。ひとまずご挨拶、ということで。

http://ameblo.jp/wishy--washy/

 

伊藤愛子さんラジオ出演

 投稿者:けいこ  投稿日:2012年 9月27日(木)12時38分10秒
  9月23日(日)レディオ湘南FMに伊藤愛子さんが生ゲストで出演したラジオ、
後日聴くことができました。
一年前にも出演されていましたが、今回は2回目ということで
DJ在津さんとのトークがとても和やかな雰囲気を感じました。
10月15日の50周年リサイタルがとても楽しみです。
在津さんも行かれるということですね。
私は残念ながら行けませんが、
行かれる方々には、是非愛子さんの素敵な衣裳や素晴らしい歌声、心のこもったトークを
楽しんでいただきたいと思います。
私のささやかな望みですが、50周年リサイタルのステージをDVDで発売したら
嬉しいなと思っています。
愛子さんご本人もこちらのコメントを見ていただけてるのでしょうか・・・?
これからも応援してます。
 

伊藤愛子さん 9月23日(日)レディオ湘南生放送

 投稿者:ねーね  投稿日:2012年 9月 9日(日)23時34分26秒
  伊藤愛子さんが「ざいつきげんの音楽鍋」レディオ湘南(FM 83.1MHz)にゲスト出演することが決まりました。
放送は9月23日(日) 20:00~21:00
レディオ湘南のエリアが狭いらしいのですが、
インターネット放送もあり、スマホでも受信出来るようです。
昨年も同番組にゲスト出演した愛子さん。
今年はどんな歌や話が聞けるのかしら ???デビュー当時の話も聞けるかなあ??
 

楽しみ

 投稿者:建二  投稿日:2012年 8月24日(金)21時29分29秒
  伊藤愛子さんのディナーショーで同じテーブルで20周年リサイタルのパンフレット?など貴重な資料を拝見させて頂いたのはひょっとして、こださんだったのかしら? 私は「チコと鮫」以来、最近まで空白が有り、最近、その間のレコードを聴いて心豊かになっていました。今ではなかなか聴く事のできない、デビー当事の懐かしいカバー曲(外国の曲を日本流に歌う)を50周年リサイタルでたくさん聴けるそうです。バンザイ! 「チコと鮫」は聴けるかな?(その映画は映像、筋書き、音楽、俳優、全て素敵で何回も観ました。青春の記念碑です)
こださんに会えるかな? 伊藤愛子講演会の皆様お疲様です
 

伊藤愛子さん 50周年リサイタル

 投稿者:ねーね  投稿日:2012年 8月22日(水)15時48分43秒
  今月9日にディナーショーで迫力のある歌を届けてくれた愛子さん。
デビュー当時からの細い体型も維持したまま(^_^)はや今年で50年!!
こださんが一足先に書いて下さいましたが、
来る10月15日(月)に銀座ヤマハホールで下記の通り50周年リサイタルが行われることになりました。

伊藤愛子 歌手生活50周年記念リサイタル 「歌ある限り」
          Aiko Ito 50th Anniversay
         Memorial Recital

日時: 2012年10月18日(月)
                開場 18:30/ 開演  19:00
        銀座ヤマハホール   全席指定席 (¥5,000)

チケットのお問い合わせやお申し込みは伊藤愛子後援会までご連絡をお願い致します。

TEL&FAX:03-3768-4053
              (Faxの方がより確実かと思われます)

デビュー当時からの懐かしい歌の数々を聞く事が出来るリサイタルになると思いますが、お下げ髪姿は・・・・さて???(^_^)


こださんへ:東京プリンスではお目にかかれず残念でした! 50周年リサイタルではお目にかかれるかしら?
 

伊藤愛子 50周年記念リサイタル

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 8月22日(水)08時58分18秒
  8月6日東京プリンスでの例年のディナーショーの終盤で、

10月15日 銀座ヤマハホールで

  伊藤愛子50周年記念リサイタル

があることを知りました。
愛子さんがデビューしてからの歌を歌ってくださるそうです。
私は「さいはての慕情」が大好きで何回でも聞いていたいと思います。

プリンスでのショーは
初めに可愛い赤系のプリントドレスで活発なイメージ、2番目は白のドレスで
高貴であり清楚であり白百合のよう、最後は黒のドレスで大人の雰囲気。
あの折れそうなくらい華奢な体で、どこにそんな力があるのだろうと不思議に思うほどの声量。
そして、あんなに可愛い外見に反して、体の芯に武士のような力強さを感じるのは私だけでしょうか。
「いよーっ、男まえ~!」と掛け声をかけたくなります。

同席した愛子さんのお知り合いの方に聞いたのですが、
愛子さんはファンの人たちのことをちゃんと覚えてくださっているとか。
嬉しいことです。

今年はねーねさんに会えませんでした。健二さんはいらしてましたか?
10月15日 お会いできればいいですね。



 

森高25周年

 投稿者:TK  投稿日:2012年 8月14日(火)21時00分17秒
  ご無沙汰してます!

森高千里のデビュー25周年記念べスト「ザ・シングルス」が、オリコンアルバムチャート初登場5位を記録しましたね!

本格的な歌手活動休業から13年も経過しているのに、このセールスはすごいですよね!

今時期に、80年代アイドルがコンプリートベストをリリースしたとして、ベスト5入りするでしょうか??(キョンキョンは11位でしたね。)

ま、森高はアイドルというよりは、アーティストでしたからね。けど、こうやって80年代から活躍してきた女性ソロアーティストのベスト盤が、今の時代に大ヒットしている事実は、音楽ファンとして本当に嬉しい限りです。

この勢いに乗って、また完全復活してくれないかなあ~。そして、森高の再ブレイクに感化されて、同年代デビューのアーティスト(アイドル)達が頑張ってくれれば嬉しいです!!

キョンキョンも完全コンプベストでリリースすれば、もっと売れたのにね・・・。

http://yaplog.jp/idol-pops/

 

小森みちこさん

 投稿者:とろりん村のとろりメール  投稿日:2012年 7月17日(火)23時59分49秒
  ☆みちこファンさま

小森みちこさんといえば、かなり前に「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」に準レギュラーとして出演されていたの
を覚えていますが、最近はどうされているのか、ぼくにもわかりません。

どなたか、知っておられる方からの投稿をお待ちしておりますm(__)m。
 

小森みちこさんは今?

 投稿者:みちこファン  投稿日:2012年 7月16日(月)08時34分16秒
  1978年にトライアングル「トライアングルラブレター」でデビューし、
1981年の1月のグループ解散後は、「小森みちこ」としてタレント(女優&歌手)活動を
されていた、小森みちこさんは現在…芸能活動は一切されていないのでしょうか?

小森みちこさんについて活動状況や現在のことについて何かご存知の方がいらしたら
教えてください。よろしくお願い致します。

 

又、いきます

 投稿者:建二メール  投稿日:2012年 6月14日(木)21時51分27秒
  ねーねさん、情報有難うございます。今回も2回目でありますが楽しみに参加させていただきます。
今回は伊藤愛子さんの50周年とのこと楽しみにしてます。
こださんの気持ちも分かる気がします。
私は前野曜子さんの「別れの朝」以来彼女のファンでも有りますが、最近知らない間に亡くなっていたことを知り、、私も感傷的になっています。最近の復刻CDで何とか慰められています
さて、伊藤愛子さんのご活躍と、ご健康を祈りながら(私と同年代ではありますが)
伊藤愛子さんのディナーショウのご成功を楽しみにしております。
 

待ってました ディナーショウ

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 6月 9日(土)10時08分51秒
  ねーねさん、またまたありがとう。
今年はもちもち勿論、行かせていただきます。
ねーねさんにもお会いしたいです。

最近、生まれてから意識した自分の中のアイドルを列挙して、彼ら彼女らが今どうしているのか
すごく気になってあれこれ検索しています。
探していくと、すでに若くしてこの世を去ってしまっていた方もいらして
しばし感傷的になります。

伊藤愛子さんの「さいはて慕情」が忘れられず、探し求めてここモナムールを知り、皆様の情報をはじめ、
ねーねさんからのディナーショウのことを知り、実際にまた聞くことができ、お会いできた時の幸福感。

・・・ この気持ちをまた味わいたいです。
 

伊藤愛子さん ディナーショー 2012年

 投稿者:ねーね  投稿日:2012年 6月 6日(水)23時25分57秒
  今年の夏も、恒例の伊藤愛子さんのディナーショーが8月6日(月)に
東京プリンスホテルで行われることが決まりました。
ショーのタイトルなど、まだわかっておりませんが、
ホテルに直接お問い合わせしていただければ答えていただけると思います。

東京プリンスホテル: (03)3432-1111

今年は愛子さんがデビューしてから50周年です!!
お下げ髪の頃からの50年分の思いを沢山込めて、
今年も素敵な歌を今年も私達に届けてくれる事でしょう。

こださんへ: 今年はいらっしゃれるかしら?
ぜひスケジュールの調整をなさって下さいね(^_^)

北きつねさんへ: 愛子さんへファンレターをお出しになった当時は北海道にお住まいでしたか?
北きつねさんの投稿を愛子さんに話したところ、「北海道の方じゃないかしら」と・・・。  
 

新高校生ブルース

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 5月 2日(水)09時28分43秒
  クジラ2号さんのお教え通り検索しましたら、いろいろあるわあるわ・・・
「少女ひとり」も聞くことができました。サンクス。

アイドルが出す歌ととたいして期待していなかったのですが、いやはやいい声、いい歌でそしてなかなか上手だったので、予想外でした。

調子の乗って、およそ40年前の映画「新高校生ブルース」のDVDを購入しました。
内田善郎さんは喜郎さんでもいいんですね。
映画自体は?でしたが、若き日の水谷豊さんが出演されていたのには驚きました。
「バンパイア」の主役に抜擢されるだけのことはあるとおもうほど彼個人は二重丸でした。

そして何より、NHKの「タイムトラベラー」の木下清さんも出演されていて、
いいものに出会えたと私のお宝DVDになりました。
ただ、内田さんはもっとシリアスな役の方が彼の魅力が引き立つのに、と少しだけ残念なような。
なだまだ青い内田さんでしたが、その時代のその青さがやはりいい!と思う
彼らと同世代の初老になった私でした。
 

快刀乱麻

 投稿者:クジラ2号  投稿日:2012年 4月23日(月)20時34分15秒
  ☆こださん
グーグルで検索すると色々情報が出てきますよ。
YouTubeで内田善郎さんの「少女ひとり」(新十郎捕物帖・快刀乱麻 主題歌)など
数曲聴くことが出来そうです。
シャンソンはたしかに意外ですね。

ソニーのオーダーメイドファクトリーで2ndステージの
可愛かずみさんのDVD「天使のデザート+ストレンジ・パラダイス」が
48%で投票が伸び悩んでますね。

前回の書き込みで間違いがありました。訂正。
× シャーク・ホープス
○ シャープ・ホークス
 

クジラ2号さんへ:

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 4月22日(日)09時42分21秒
  クジラ2号さんて、幅広く情報通ですね。
内田善郎さんの情報ありがとうございました。

内田さんの歌の曲名は何となく覚えていましたが、実際聞いたことあったかなぁと古い記憶を呼び起こしています。
ライヴをされているのなら、ぜひ行きたいものです。
でもシャンソンとは意外な気もします。
 

おくさまは18歳

 投稿者:クジラ2号  投稿日:2012年 4月21日(土)11時02分55秒
  ☆こださん
内田好郎さんは漢字では善郎と書くようです。内田善郎。
「おくさまは18歳」「必殺シリーズ」「家なき子」
「水戸黄門シリーズ」などにも出演されてたようです。

現在はシャンソン歌手としてライブに出演されてるようです。

歌手としては1971年に「ミスターロビンソン/白い夜明け」(作詞作曲荒木一郎 ビクター)
でデビューして1975年にフィリップスへ移籍その間にシングル数枚LP1枚出してるようです。

先日安岡力也さんが亡くなられました。合掌。
シャーク・ホープスからホタテマンのあいだの音楽活動については
報道されてませんでした。
「禁じられた夜/傷心のブルース」(1970年 テイチク ユニオン)
「裁きは終わった/一番列車にのって」(1971年 テイチク ユニオン)
そのほかご存知ですか。
 

続き・・・

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 4月19日(木)08時44分28秒
  小橋玲子さんは少女漫画の表紙を飾っていたもとモデルさんで早くに結婚され
引退しました。
内田好郎さんは吉永小百合さんの弟役でテレビドラマにも出ていました。歌もだしたようです。

みなさん、どうなさっているんでしょうね。
 

安達明さんの訃報後

 投稿者:こだメール  投稿日:2012年 4月19日(木)08時35分16秒
  安達明さんの訃報を聞き、同時期(?)の叶修二さんや有田弘二さんを思い出しました。
今、どうされているんでしょうね。

その時代に前後してるんですが、
「チャムチャムミッチャム♪」という飴のCMで
小橋玲子さん、内田好郎さん(漢字は? 関根恵子(現高橋)さんとの映画で共演をしていました。)が
 

「日暮し」の曲

 投稿者:ななし  投稿日:2012年 4月11日(水)23時03分10秒
  夏の絵の中へ、秋の扉、冬の夜・・・名曲だお  

久しぶりにお邪魔します。

 投稿者:こだ  投稿日:2012年 3月20日(火)22時08分45秒
  パソコンの調子が悪く、やっと買い換えました。
久しぶりにお邪魔したら・・・
伊藤愛子さんのファンの方の投稿が増えて嬉しくなりました。

私もここモナムールで伊東愛子さんの情報を知り、
ねーねさんから毎年夏のディナーショウを知り、
他の方の投稿から、思いがけない懐かしい歌や当時好きだった歌手の情報を知り、
ここでは、ひと時昔に帰れました。

今回ショックだったのは、安達明さんの死

やはり子供のころ安達明さんが好きで、
懐かしの番組だと「女学生」ばかり取り上げられていましたが、
私は「潮風を待つ少女」がだい大好きでした。
優しい品の良い顔立ちと優しい声が印象に残ってます。

ご冥福をお祈りします。

 

宍戸留美が・・・。元気だね(^^ゞ

 投稿者:よっかー  投稿日:2012年 3月17日(土)00時32分19秒
  ■宍戸留美がニューアルバム「女」を5月9日にリリースする。

本作のテーマは「熟しかけた女の讃歌」。
16歳でアイドルとしてデビューし現在38歳の彼女が、自分の性に正面から向き合い制作した意欲作だ。
アルバムには、三宅伸治が作詞作曲を手がけた「愛のシェルター」など、バラエティに富んだ計8曲を収録。
前作「CHERBOURG→BRIGHTON」でもプロデューサーを務めた鴫原浩平に加え、演奏にHARCO、
アレンジ、プロデュースで高橋 "Jr." 知治など豪華な布陣が参加し、彼女の歌をそれぞれの個性でサポートする。
なお、彼女はデビュー22周年イベントを東京・下北沢440で5月23日に開催する。
詳細は追って発表されるので、ファンは続報をお楽しみに。

宍戸留美「女」収録曲
01. 愛のシェルター
02. TAWAGOTO (Album Mix)
03. 昼下がりのうた
04. セクシィ(下田逸郎のカバー)
05. 星空ハイネス
06. 最後の電話
07. 月影の果実
08. ハマナスの記憶

ソース
http://natalie.mu/music/news/66219

てっきり完全に声優さんとしての活動しかしないのかと思ってたら、唄うんですねえ。
懐かしい。
当時はキワモノ的なアイドルでしたが、今の目線で見れば「先駆者」的な活動をしてたんですよね。どんな感じで唄ってるのか、とりあえずは聴いてみたい。
 

/76