teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マルコ・ポーロの東方見聞録

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月22日(水)12時13分51秒
  ベネチアから遥か元の都へ
マルコ・ポーロはローマ教皇と元帝国の皇帝の間を取り持つべく、故郷ベネチアより遥か未知の東方の地、ユーラシア世界へ旅立った。1271年の事とされる。それは駱駝(らくだ)の
隊列で雪のパミール高原を超え、熱砂と砂嵐のゴビ砂漠を渡り、戦乱や盗賊に悩まされながら、4年の歳月をかけて元のクビライ・ハーン待つ上都(じょうと)(元の夏の都)へ至る苦難の旅でもあっ
た。マルコとその一行はクビライにエルサレムから持参した聖なる油と教皇からの親書を渡し、その役目を果たした。
クビライはマルコの有能ぶりを認め、色目人(しきもくじん)として高位の役人に取り立て厚い信頼を置いた。こうしてマルコは中国本土はもとより雲南などの周辺地方に至る様々な土地に赴いて見聞を広める事になる。
クビライの許で既に17年の歳月が流れていた。ハーンはポーロ一家を手放したくなかったので、マルコらが望んでも帰国の許しを出さなかったのである。しかしついに元の同族国である西のイルハン国の皇帝に元の姫君を嫁がせる大命が下り、帰国の途に就く事が出来た。それはボルネオ、スマトラ、インドなどを過ぎて行く海路の旅であり、陸路の旅に劣らず危険なものであった…。

「世界古代文明の謎を探る」(9)マルコポーロの東方見聞録
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 竹田多麻子横浜ユーラシア文化館学芸員
日 時 平成29年6月27日(火)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室(池袋駅東口より8分)
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
備 考 後半はゲストを交えたお茶会です。

http://www.gilishya-shinwa.com

 
 

【大阪/演劇】初心者からプロ志向迄(5歳~80歳)幅広い世代の仲間と一緒に舞台に出演しよう!座・大阪市民劇場出演者募集

 投稿者:座・大阪市民劇場  投稿日:2017年 3月21日(火)19時53分58秒
  観る側から演じる側へ
仲間が居て、楽しくて、少し厳しい、そんなお芝居ごっこ。
演劇初心者歓迎!楽しみながらお芝居作りを
あなたも舞台の花になろう
座・大阪市民劇場出演者募集

座・大阪市民劇場は一般公募で集まった5歳~80歳迄の幅広いメンバーで結成し、稽古を行い、公演上演後解散する市民参加型の期間限定劇団。演出家は3劇団の演出・顧問、インディアメーラー実行委員Naka Culture World(プロジェクトチーム)主宰 仲風見氏。日本を代表する演出家の元で舞台を経験する事が可能。参加者の9割が演劇初めてのメンバーなので演劇未経験の方も安心して参加が可能。

普段出会うことはない仲間と一緒に舞台に挑戦してみませんか?
演劇が好き。何か新しい事をはじめたい
舞台に立ちたい。幅広い仲間が欲しい。
人見知りを治したい。など応募動機は様々です。
まずは説明会へご参加下さい。

【応募資格】
5歳~80歳迄の男女 経験不問・未経験者歓迎
(他プロダクション、劇団所属の方は承諾が必要)

■応募方法 下記連絡先へ
(名前、年齢、職業、連絡先、説明会希望日)を記入の上、メール、郵送、電話、またはメールフォームにてお問い合わせ下さい。


【説明会&オーディション】
■日程
3月25日(土)16:00
3月26日(日)12:30
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー
内容:簡単な台詞読み
(上記日程へ参加出来ない方は事前にご相談下さい。)

【こちらから応募可能】
http://osakashimin.jimdo.com/

■合格後
約半年間プロの演出の元、幅広い世代の仲間と稽古を行い「座・大阪市民劇場公演」に出演。公演上演後、解散。(公演本番は2017年秋予定)能力によって、他舞台、映像へ可能性有り。(例、第16期、第18期生が日台合作映画に出演、他舞台出演など)

■稽古日
土曜(18:00~20:00)
日曜(11:00~13:00)
上記いずれか週1回の稽古になります。

■維持費として月:15000円必要
(その他費用なし)

【問い合わせ先】
座・大阪市民劇場実行委員会
大阪府吹田市江坂町3-2-1
えさか芸術文化館ピエロハーバー
TEL:06-7897-8563
mail:o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
https://osakashimin.jimdo.com/

http://osakashimin.jimdo.com/

 

中村逸郎のシベリア紀行(上)

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月21日(火)11時11分6秒
  神秘の大地シベリアを行く
「シベリア」という言葉はモンゴル語の「眠れる大地」を意味する「シビル」に由来しています。冬は光り輝く雪で覆われ、夏は緑の野に花々が咲き乱れ、夜はオーロラの五色の光が乱舞します。
いまだに完全には発見されていない、地上最後の秘境と言っても過言ではありません。またそこには多様な人々が住み、古い歴史による精神文化の積み重ねが有ります。例えばツンドラのトナカイ遊牧民、未だに病気治療をするシャーマン、シベリア・タタールのイスラム教の村など、様々な文化、暮らし、宗教が息づいています。
この程そんなシベリアを奥深く訪れた、異色のロシア政治学者で、テレビのお茶の間でもお馴染みの中村氏による最新のルポルタージュを、豊富な写真・図像を交えて皆様にお届けします。

中村逸郎の「シベリア最深紀行」(上)
主 催 アストライアの会
協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト 中村逸郎氏 筑波大学教授 ロシア政治学者
日 時 平成29年4月20日(木)午後2~5時
会 場 文京区アカデミー向丘学習室
(東京メトロ南北線・東大前駅2番出口徒歩0分)
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 プロジェクターを使ったお話、後半はゲストを
交えたお茶会です。
連絡先 TEL049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

すみレウクレレ倶楽部 in 宝塚

 投稿者:リゾッチャ  投稿日:2017年 3月18日(土)23時00分47秒
  すみれウクレレ倶楽部 IN 宝塚  本場ハワイアンスタイルのウクレレと歌

♪世界一手軽でハッピーな楽器ウクレレを弾きながら、仲間と一緒に楽園気分で歌いましょう♪

2017年 4月開講

一の一からの初心者クラス 無料体験予約・受付中

楽譜が全く読めなくても、大丈夫!!!

定員9名が埋まり次第、体験予約を締め切らせて頂きます。


練習日時  毎月第2・第4木曜日 10時から11時

◎入会費無料
◎月会費2千円  楽譜・音源・会場費など込み
◎年会費1千円   ?楽部委員会が管理し、?楽部活動・振興のために使用

電話 0797ー74-5650

☆彡ホームページ有、是非、検索して下さいね☆彡

http://www.eonet.ne.jp/~ukulele/index.html

 

【演劇初心者歓迎】楽しみながらお芝居作りを 座・大阪市民劇場メンバー募集

 投稿者:座・大阪市民劇場  投稿日:2017年 3月13日(月)17時49分43秒
  観る側から演じる側へ
仲間が居て、楽しくて、少し厳しい、そんなお芝居ごっこ。
演劇初心者歓迎!楽しみながらお芝居作りを
あなたも舞台の花になろう
座・大阪市民劇場出演者募集

座・大阪市民劇場は一般公募で集まった5歳~80歳迄の幅広いメンバーで結成し、稽古を行い、公演上演後解散する市民参加型の期間限定劇団。演出家は3劇団の演出・顧問、インディアメーラー実行委員Naka Culture World(プロジェクトチーム)主宰 仲風見氏。日本を代表する演出家の元で舞台を経験する事が可能。参加者の9割が演劇初めてのメンバーなので演劇未経験の方も安心して参加が可能。


【参加者の声】(20代女性)
参加したのは大学2年の時です。演じることが好きで、学校の英語劇以外に学外でもやってみようと思ったのがきっかけでした。

留学を控えていたので短期できる舞台はないかと、探して見つけたのがこの市民劇場でした。
一番はじめに「自分の好きなように演じればいい」と言われたのが物凄く記憶に残っています。実際、皆自由に演じていて、メンバーによって全く違った仕上がりになっていました。
そのメンバーに会えたのも市民劇団の魅力です。
短い期間だったのに3年経った今でも連絡をとり会うほど仲良くなりました。
揉めたりしたこともありましたが、
一つのことを皆で達成するのは何物にも変え難いものだと思います。
私にとってその達成目標が公演で、その機会を与えてくれたのが「座・大阪市民劇場」です。



現在活動中のメンバーは親子参加(お子様 5歳 母40代)や20代学生、社会人、演劇をもう一度やりたかった50代男性など、幅広い世代の仲間が集まり3月公演に向け活動中です。

今回のオーディションは秋公演に向けて
新しいメンバーを募集(新しく立ち上げるチームです)
普段出会うことはない仲間と一緒に舞台に挑戦してみませんか?
演劇が好き。何か新しい事をはじめたい
舞台に立ちたい。幅広い仲間が欲しい。
人見知りを治したい。など応募動機は様々です。
まずは説明会へご参加下さい。

【応募資格】
5歳~80歳迄の男女 経験不問・未経験者歓迎
(他プロダクション、劇団所属の方は承諾が必要)

■応募方法 下記連絡先へ
(名前、年齢、職業、連絡先、説明会希望日)を記入の上、メール、郵送、電話、またはメールフォームにてお問い合わせ下さい。


【説明会&オーディション】
■日程
3月11日(土)16:00
3月12日(日)13:30
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー
内容:簡単な台詞読み
(上記日程へ参加出来ない方は事前にご相談下さい。)

【こちらから応募可能】
http://osakashimin.jimdo.com/

■合格後
約半年間プロの演出の元、幅広い世代の仲間と稽古を行い「座・大阪市民劇場公演」に出演。公演上演後、解散。(公演本番は2017年秋予定)能力によって、他舞台、映像へ可能性有り。(例、第16期、第18期生が日台合作映画に出演、他舞台出演など)

■稽古日
土曜(18:00~20:00)
日曜(11:00~13:00)
上記いずれか週1回の稽古になります。

■維持費として月:15000円必要
(その他費用なし)

【問い合わせ先】
座・大阪市民劇場実行委員会
大阪府吹田市江坂町3-2-1
えさか芸術文化館ピエロハーバー
TEL:06-7897-8563
mail:o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
https://osakashimin.jimdo.com/


http://osakashimin.jimdo.com/

 

けん玉で遊ぼう!

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月11日(土)12時45分19秒
  吉本秀一さんとけん玉で遊ぼう!
~子どもさんから青年、中高年の三世代が楽しめます~
けん玉と言えば知らない人が無い位い、テレビその他マスコミでお馴染みの吉本秀一さんですが、いつもは病院でリハビリのお仕事をされています。けん玉の効用について書か
れたある童話作家の一冊の本との出会いが、けん玉と共に歩む彼の人生を決めたそうです。
ボランティアにも理解があり、東南アジア諸国でけん玉を教えたり、各地の福祉施設で慰問活動をされています。弊会から生まれたフォルクローレ(若者フォークダンス運動)にもゲスト出演してもらいました。
さてそのけん玉ですが、年々やる人が増え、新聞やテレビ、出版物などでも取り上げられて、今や世の中で一つのブームになっています。けん玉のワザは3万以上とも言われ、今も新しいワザが次々と出ています。
今回は初心者向けとして、「世界一周」「灯台」「けん先すべり」「地球まわし」「さかおとし」などなど、吉本さんの指導の下、けん玉遊びで皆様一緒に和気あいあいと楽しみましょう。
ご希望によって中・上級のワザもお伝えします。

主 催 アストライアの会
協 力 豊島区レクリエーション協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト 吉本秀一さん 日本けん玉協会理事 作業療法士&理学療法士
日 時 平成29年4月8日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室(池袋駅東口より徒歩約8分)
(電気店ビルLABIの中を進んで裏口から先の児童公園の奥に)
費 用  お茶代込み参加費二千円(けん玉の数を揃えるためご予約を!)
備 考 前半はけん玉、後半の時間はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

コロンビアのサルサダンスを貴方に

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月 8日(水)10時44分43秒
  花とコーヒーとエメラルド輝く国!
コロンビアのサルサダンスをあなたに
ラテン・アメリカはダンスの宝庫です。とりわけコロンビアは先住民、ヨーロッパ、アフリカの文化が
融合し、その国柄とともに、多様性にあふれたダンスが踊られています。その中で今回は舞台用及びフォルクローレとしてのサルサを、世界コンクールで二度優勝し、日本における第一人者であるアルベルト(通称ベト)氏とその教室の方々に披露して頂く事になりました。
彼はサルサの本場、コロンビアのカリ市で生まれ育ち、現在は本国と日本を行き来しながら、都内を中心に幅広くサルサ教室を開講するほか、自らもダンサーとして多くのイベントやテレビにも出演しています。 易しい曲は皆様も一緒に踊って頂きたいと願っています。
踊りの後はお茶会で、ベト氏を初めゲストの方々を交えてご歓談ください。
ダンスをされている方はもとより、初心者の方、中南米の文化に興味をお持ちの方も大歓迎です。

「中南米フォルクローレ・ダンスシリーズ」 (第4回) コロンビア
主 催 アストライアの会  協力 日本セカンドライフ協会
日 時 平成29年4月15日(土)午後1時30分~4時30分
会 場 南大塚地域文化創造館第五会議室
(JR大塚駅南口より徒歩約5分。交番を背にして通りの左側に)
ゲスト カルロス・アルベルト・ガルシアさんと教室の方々
参加費 二千円(お茶代込み)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

マヤの蛇神ククルカン

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月 5日(日)15時00分43秒
  マヤの蛇神ククルカン
伝説によれば12~13世紀頃、マヤ人の中に一人の外国人が現れたらしい。この人物をマヤ人は「ククルカン」と呼んだ。「羽の生えたヘビ」という意味である。ククルカンは
マヤの都チチェン・イッツァの支配者となり、中米のユカタン半島で一番勢力のある酋長となった。誰もがこの人物を神として崇め、神殿はククルカンに捧げられ、羽のあるヘビが石に彫られた。ヘビの体はガラガラヘビに型どられ、うろこの代わりに聖なる鳥「ケツァール」の羽が付けられた。しかし彼は権力の絶頂にありながら、現れた時と同様にふいにまた姿を消してしまったという。
チチェン・イッツァの代表的建築物であるエル・カスティーヨ、一年に二度春分と秋分の日に太陽が西に傾くと、このピラミッドの影がヘビの胴体となって浮かび上がり、石の頭
像と合体し、巨大なヘビが姿を現す。降臨したククルカンは更にその先にある聖なる泉セノーテの水を飲むとも言われている。
マヤ文明は実に謎と驚異に満ちている。白人渡来伝説しかり、アトランティス大陸説、驚くべき正確のマヤ暦、石に彫られた4万種のマヤ文字は果たして何を語るのか。
この超絶した文明の一端を、世界的研究の現在進行形として改めて把握して行きたい。

「世界古代文明の謎を探る」(6)マヤの蛇神ククルカン
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 横山玲子さん 東海大学教授 著書「マヤの時間」他
日 時 平成29年3月18日(土)午後2時から5時
会 場 千早地域文化創造館第3会議室(地下鉄千川駅3番出口)
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 画像を見ながらお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

牧のぼるの時事漫談

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月 4日(土)12時11分58秒
  牧のぼるの時事漫談
昔から「笑う門には福来る」と言いますが、笑いは暮らしや家庭、人間関係に潤いを与えてくれます。特に牧さんは師匠だった牧伸二ゆずりの時事漫談を得意とし、次々と起こ
る世間の話題や社会ネタを、時にはウクレレやハーモニカ片手に、楽しく愉快に笑い飛ばします。
アマチュアの頃は「サラリーマン文化振興会」なるものにも参加し、人集めの難しさを体験し、自己満足ではなく聞き手に寄り添い、お客様を笑わせるトークに腐心しました。
ご本人は「なるべく新しいネタで皆様の心の癒しになる漫談を演じたい。なるべく弱い人の立場に立ってやるようにしています。」と言っています。
「この仕事は定年が有るわけじゃないから、いつまでも元気でやりたいね。」。笑いの世界に定年は有りません。
皆様には牧さんのユーモアたっぷりの冗談や面白い話を
たくさん聴いて頂き、大いに笑って頂きたいと存じます。
笑って口もとが上がると若返ります。牧さんと一緒に笑
いの輪に入りませんか?

主 催 アストライアの会
協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 牧のぼるさん 東京演芸協会漫談家(ウクレレ漫談の故牧伸二の付き人)
日 時 平成29年3月15日(水)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口より徒歩約7分
(LABIという大きな電気店ビルの1階の中を歩き裏口に出て、児童公園の奥に)
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 後半の時間はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218松原まで


http://www.gilishya-shinwa.com

 

【大阪/演劇】初心者からプロ志向迄(5歳~80歳)幅広い世代の仲間と一緒に舞台に出演しよう!座・大阪市民劇場出演者募集

 投稿者:座・大阪市民劇場  投稿日:2017年 2月22日(水)20時13分45秒
編集済
  楽しみながらお芝居作りを
観る側から演じる側へ 期間限定舞台体験
仲間が居て、楽しくて、少し厳しい、そんなお芝居ごっこ 座・大阪市民劇場出演者募集

座・大阪市民劇場は一般公募で集まった5歳~80歳迄の幅広いメンバーで結成し、稽古を行い、公演上演後解散する市民参加型の期間限定劇団。演出家は3劇団の演出・顧問、インディアメーラー実行委員Naka Culture World(プロジェクトチーム)主宰 仲風見氏。日本を代表する演出家の元で舞台を経験する事が可能。参加者の9割が演劇初めてのメンバーなので演劇未経験の方も安心して参加が可能。
経験不問 演劇初めての方大歓迎
楽しみながら一緒に活動できる人であれば参加可能。



【応募資格】
5歳~80歳迄の男女 経験不問・未経験者歓迎
(他プロダクション、劇団所属の方は承諾が必要)

■応募方法 下記連絡先へ
(名前、年齢、職業、連絡先、説明会希望日)を記入の上、メール、郵送、電話、またはメールフォームにてお問い合わせ下さい。


【説明会&オーディション】
■日程
3月4日(土)16:00
3月5日(日)13:30
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー
内容:簡単な台詞読み
(上記日程へ参加出来ない方は事前にご相談下さい。)

【こちらから応募可能】
http://osakashimin.jimdo.com/


■合格後
約半年間プロの演出の元、幅広い世代の仲間と稽古を行い「座・大阪市民劇場公演」に出演。公演上演後、解散。(公演本番は2017年秋予定)能力によって、他舞台、映像へ可能性有り。(例、第16期、第18期生が日台合作映画に出演、他舞台出演など)

■稽古日
土曜(18:00~20:00)
日曜(11:00~13:00)
上記いずれか週1回の稽古になります。

■維持費として月:15000円必要
(その他費用なし)

【問い合わせ先】
座・大阪市民劇場実行委員会
大阪府吹田市江坂町3-2-1
えさか芸術文化館ピエロハーバー
TEL:06-7897-8563
mail:o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
https://osakashimin.jimdo.com/

http://osakashimin.jimdo.com/

 

レンタル掲示板
/39