teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/1494 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

寺子屋絶好調

 投稿者:阿野 音子  投稿日:2017年 6月23日(金)11時59分11秒
  通報 編集済
  「土曜日の男」さんが、改めて「水曜土曜の夫婦」さんにお名前を変更されました。
ハンドルネームは多分なんかに変えるんだろうナ?? とは思っていたのですが、こりゃもう剛速球的ど真ん中です。

もし改名したらナンかイジってやろう…と、秘かに楽しみにはしていたのですが、このご夫婦の新ネームは誰からの突っ込みも許さない凄味があります。
暫くは公私共にお忙しいと思いますが、仲良くお暮しください。合唱へのご参加も是非ぜひお待ちしております。

さて今週の寺子屋ですが、某指揮者Rさんの熱心な勧誘が功を奏しているとはいえ、大変に安定した参加者数を記録しています。私も昨日は昼2時と夜7時(男声合唱:帆笑夢団)に参加しましたが、なごやかで熱のこもった練習でした。
何より溢れるほどのお菓子に囲まれながら歌う事の幸せ…前回の帆笑夢団の練習をした御大S本邸とはえらい違いです(ウソ、ついでに言うと、これは誰も差し入れを持ってこないという結果なので、S本氏のせいでは全くない。念の為)。

何より少人数なのでお一人お一人の声がとてもクリアに聞こえ、仲間内の小サロン的雰囲気なので質問も気安く出来る利点があります。
実は昨日の昼の寺子屋はベースが私一人でしたので、女性コーラス団を従えてベースのソロを歌っているような高揚感がありました。

「水土のご夫婦」さんもハンドルネームを変えられたし・・・
寺子屋でも「男一人だけが居るのじゃ、まずいか??」と、私も名前だけでも女性風に変えてみたのですが…如何??

夜の男声合唱では参加6名。なかなかの大漁で、特に「水土のご夫婦の旦那さんの方」(慣れだとは思うんですが、なんか呼び方メンドイな…)も初参加されたのは嬉しい事でした。初参加のなのにビビらず声を出しておられました。さすがにベテランです。

来なかった方達には悪いんですが、今回は男声合唱のレパートリーの外に「筑波山麓」も練習。我々だけでは、いつ歌っても「かくし芸大会の余興」風にしか聞えない「筑波山麓」ですが、ナント「それなりに歌えています・・・」と前向きの評価を頂きました。

今日も2時から寺子屋。7時から演出部会。
下に書いた話と重複するので恐縮ですが、参加者が結構疲れるのですから指導者はそれを上回る疲労度でしょう。某指揮者Rさんご自愛ください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1494 《前のページ | 次のページ》
/1494