teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


クリスマスバブル!?

 投稿者:あの男  投稿日:2016年12月 4日(日)12時40分16秒
編集済
  師走となり、12月の予定がここへ来て決まってきました。
フラウエンとしての正式な事業ではないのですが、12月23日 2時からの「私立病院での入院患者のみなさんの為のクリスマスキャロル(正式名称は知りません)」と、その一時間後に「キタカラ」で行われるクリスマスキャロル(これまた正式名称は知りませんが、ひかりの教会の主催らしい。)という連チャンです。わずか1時間の間に違う場所で2ステージとはなかなか無いことで、まさに「クリスマスバブル」です。

もっとも、この二つはどうも有志の参加という事であるらしく、特に「キタカラ」の方はフラウエンからの参加者は10名程度なのですが、これでも昨年に急に増えたので少し陣容も充実してきました。
ただし、こちらの方は男性の参加者があまり居ないのが悩み。お百さんなんかは去年聴きに来てくれたのですが、本音を言えば歌ってほしいのですですけどねぇ・・・
というのも・・・今年ベースにコンバートされた私にとっては、今やテナーで歌える最後の砦(だけど毎年同じパートの人があんまり居ない)。というのが現状。
テナーパートの皆様、何とかサポートお願いします。

練習は毎週一度、各日曜の3時から、キタカラ2Fの市民活動室で行うようです。という事で今日は日曜、私もこれから行ってきます。
2年前に初めて参加した時には教会が練習会場で手違いの為かメチャクチャ寒く、「こりゃ信仰が無くちゃ無理だ・・・!(冗談ですが)」と思ったものですが、」練習環境も充実して今はポカポカ。奮ってご参加ください。

ついでのようですが・・・

フラウエンとしての正式事業に昇格しそう?なのが私立病院のステージです。個人的にも亡くなった私の母が長期入院していた事があり、病院の関係者の皆さんが優しく思いを籠めたこの催し物にはシンパシーを感じていました。フラウエンとしても歌う曲名がまだ決まっていないようですが、入院患者の皆さんの健康の回復と、来年のお幸せを祈れる共感性の高い曲にしたいものです。

もし男声がそろったら・・・「涙くんさよなら」なんてどう・・・??
チョット無理はあるでしょうかね?



 
 

ローレライ

 投稿者:帆笑夢  投稿日:2016年11月30日(水)12時19分41秒
  船乗りだった頃の話です。 瀬戸内海の来島海峡を航行中に逆潮流に巻かれ船が回転、操船不能になり危うく座礁しかけました。 この時ふっとローレライの歌詞を思い起こしました。

この度、アカペラでローレライを練習することになり、再びローレライに出会えたことを嬉しく思います。


どうしてこんなに悲しいのか わたしはわけがわからない
遠い昔の語りぐさ 胸からいつも離れない
風はつめたく暗くなり しずかに流れるライン河
しずむ夕陽にあかあかと 山のいただき照りはえて

かなたの岩にえもいえぬ きれいな乙女が腰おろし
金のかざりをかがやかせ 黄金の髪を梳いている
黄金の櫛で梳きながら 乙女は歌をくちずさむ
その旋律(メロディ)はすばらしい ふしぎな力をただよわす


小舟あやつる船人は 心をたちまち乱されて
流れの暗礁(いわ)も目に入らず ただ上ばかり仰ぎみる
ついには船も船人も 波に呑まれてしまうだろう
それこそ妖しく歌うたう ローレライの魔のしわざ
(訳詞 近藤朔風)

ローレライの伝説は、ハイネの詩により有名になりましたが、ヒットラー時代のドイツではハイネがユダヤ人だったために歌唱が禁止されていました。
ところでその後、帆笑夢さんは麗しき乙女に出会えたのでしょうかね?
Bon voyage!
 

嚥下障害と合唱

 投稿者:百名山  投稿日:2016年11月29日(火)19時47分22秒
  今日のTVで、「嚥下障害」と「合唱」についての番組があり、大変興味深く見ておりました。
昨日、介護の仕事をされておられるアルトのAさんが、口腔ケアの相談に来られて、その時に「誤嚥性肺炎」のお話をしたばかりだったからです。

高齢者は睡眠時に、口腔内のばい菌を含んだ唾液を誤嚥してしまい、誤嚥性肺炎に罹患することが多く、肺炎の7割は誤嚥が原因だそうです。これを予防するには、お口の中を清潔に保つことはもとより、顔、口、舌、喉などの筋肉を鍛えることが大切です。高齢者でもまた神経障害のある方でも合唱をすることで、嚥下に関係する筋肉が鍛えられて、嚥下をスムーズに行うことが出来るようになるそうです。

発声練習や仲間と一緒に合唱することにより、嚥下障害の改善はもとより認知症の予防にもつながります。
なお、私は「パラタカ」体操を勧めております。これは、口呼吸をしていた方が鼻呼吸になることから、インフルエンザ予防にもなります。小学校でも積極的に取り入れて、学級閉鎖が激減しているそうです。
 

新しい種

 投稿者:あの男  投稿日:2016年11月22日(火)22時17分28秒
編集済
  いつもは定演の後のノルマの一つ・・・という程度の(こう言っちゃナンだけど・・・)比較的軽ーい気持ちで参加してきた夢コールですが、今年の夢コールはフラウエンが交流会の担当(しかも私が担当者の一人)ということで、少し忙しい思いをしました。全部お任せできれば・・・と頼りにしていたご同役の帆笑夢さんが体調を崩されたこともあり、少し慌てましたが、M団長・副団長のNさんはじめ、事務局・三役の皆様のさり気なくも手厚いフォローを頂き、無事終える事ができました。

今回は成り行きとは言いながら、ステージ横で「陰アナ」も務めさせて頂き、面白い体験ができました。普通の小説の朗読とは一味違う抑揚の少ないNH●風の読みを心掛けたのですが、気取りすぎて2回ほどカンじゃった。ま、これも教訓、教訓・・・

さて、今回一番力が入ったのは「余興」として行った「男声合唱」でしたが、大変好評でした。アルメリアのお二人がご参加下さったのですが、正直あんなにウケるとは思いませんでしたね。暫く拍手と歓声が鳴り止みませんでした。

今回は決して一介の余興という事ではなく、道北の合唱団の男性部員の皆さんが年に一度、継続的に男声合唱を歌う場を作りたい。という趣旨で始めたものなのですが、大成功でした。詳しくはブログに指揮者のRさんが書いて下さっています。特に「いざたて・・・」は圧巻!とありました。素直にうれしい。

実は交流会の終了前後に、他団体の指揮者の皆さんとお話しする機会があったのですが、別々にお会いしたのに、多団体を指導するT先生も、今回参加しても下さった宗谷のS先生も、偶然なのか異口同音に、「余興なんてことじゃなく、いっその事男性合唱団として来年文化センターの舞台に立ちましょうよ!!」と言われてビックリ。

なるほど・・・

夢コールの意味が、相互の親睦を深め宗谷の合唱界に寄与することならば、「合同の男声合唱」という別の種を播き、育てるのも意義ある事かもしれない・・・と思いました。ぶっちゃけ、来年他に新曲を一曲モノにすれば、今年のと合わせて計三曲になりますしね。
もちろん、以上のことは「そういう話が出ていました・・・」という事に過ぎませんが、来春くらいまで時間をかけて検討して頂ければと思っています。もちろん通常のフラウエンの活動や財政に負担をかけないという事が絶対条件ですけどね。

最後になりますが、T先生から「フラウエンの男性陣は声が軽ろやかになったわね」と言われました。(多分)お褒めの言葉でしょう。
男性陣の皆様、過酷な日程を強いてしまい申し訳ありませんでした。皆さまの熱いハート感謝します。しかし・・・色々な面で成果のあったステージ(余興?)でした。ありがとうございました。ご自宅を開放して下さったS御大をはじめ、RさんもN嬢もありがとう。帆笑夢さんもギリギリに参加出来て本当に良かったですね。

 

水分補給!

 投稿者:百名山  投稿日:2016年11月22日(火)19時36分22秒
  無事に定演とYOYA-夢コールが終わりホットしておりますが、毎年体調不良で参加できない団員の方がおられることは残念です。我々の平均年齢を考慮すれば仕方のないことかもしれませんが・・・。

私の趣味は山歩きで、平均8時間歩き、その間2L水を飲みます。それも20分おきに歩きながら、管からチュウチュウと吸っております。昔は、水を飲むとバテルので飲まないことが常識でした。今から思えば恐ろしいことです。

6年前、4000mを超える山を登り下山中に、突然「声が出なくなり」ました。帰国して、耳鼻科を受診したところ「反回神経麻痺」と診断されました。片方の声帯が閉まらないので息がぬけて発声ができないのです。原因は、疲労と「水分不足」でした。

それから、日常生活でも、こまめに水分補給をするようになりました。完治するまでに10ケ月かかりましたが、それ以来「喉のトラブル」はなくなりました。発声練習の時も意識して水分を補給するようにしております。これから寒さ厳しくなりますので、寝る前にも適量の水分をとり脳外科のお世話にならないようにしたいものだと思っております。少し早いですが、良いお年をお迎えください。今年一年も皆様には大変お世話になりました。有難うございました!
 

今度から

 投稿者:土曜日の男  投稿日:2016年11月15日(火)01時08分22秒
  久しぶりの投稿です(^_^)/  団員の皆様定演お疲れ様でした。今度は夢コ―ルですね?  今回は男声合唱参加出来ず残念です。

反省会でもお話ししましたが今度から可能な限り水曜の練習も途中からですが参加出来そうです。
(多分12月位かも?)

よろしくお願いいたします。
 

男声合唱特練終了

 投稿者:あの男  投稿日:2016年11月12日(土)14時30分23秒
編集済
  昨夜、Sさん宅におきまして男声合唱の特練を行いました。
Sさんは風邪をこじらせて体調万全ではなかったようでしたが快くお二階を開放して下さり感謝しております。用意の2曲をみっちりと、約1時間半ほど、特練というよりはよほど楽しく和やかに練習させて頂きました。だいぶ目途もついたみたい。

PのN嬢もありがとうございました。何もお礼できていないのが心苦しいのですが…

さてここで嬉しいニュースです。20日は欠席かと思われていた帆笑夢さんが一旦帰稚されるとのことで夢コールのステージ、交流会とも参加ができるそうです。

これで余興での構成は、TTが2名(+他団体から1名)、T2が2名、BRが1名、LBが3名(+他団体から1名)となかなかの構成人数になりました。

男声合唱初参加のS原君がT2。T2の私がLBに移っての練習でしたが、こんな事なら私はBRに移っておけばよかった・・・ま・・・今更仕方がないですね。コンチさんことNさんには暫くお独りで頑張って頂くよりないようです。

男声合唱としては、次の練習は17・18両日の教会での練習です。ハードで申し訳ないですが宜しくお願い致ます。練習していなかったお百さんも帆笑夢さんも是非ご参加ください。
 

特練いたします

 投稿者:あの男  投稿日:2016年11月 9日(水)01時05分43秒
編集済
  下に書きましたが、夢コールの交流会で再び「男声合唱」を披露する事になり、
まず最初にS御大宅で11日(金)7時から練習を行う事としました。
なんと(交流会に参加する)男性陣の対象8名の内「お百さん」を除く7名全員から参加のご連絡を頂きました。

好きだねぇ~・・・みんな・・・

ともあれ、皆さんありがとう。過酷なスケジュール・・・申し訳なくも思っております。でも・・・マ、男声合唱となれば練習自体が滅多に経験できない事ですから、楽しくやりましょう。ハモった時の美しさは独特ですしね

尚、ピアノはN嬢にお願いしました。快くお引き受け頂いて嬉しかったです。

「涙くん・・・」の楽譜は皆さんに配ったと思いますが、「いざ立て・・・」もブラッシュアップの為、合わせ練習を行います。楽譜をお持ちください。
持ってない人は「いざ立て・・・」に関しては、お百さんが四部コピーしてくれました。多少コーヒーのシミは付いていますが、友情に感謝です。

我々「混声合唱団稚内フラウエンコール男声合唱同好会(仮称)」(長ぇ~名前だな)・・・の今回の陣容は・・・
1Tが2名+F君の可能性あり、2Tが3名、バリ1名、ベース1名とややバランスに欠けております。「いざ立て・・・」に関しては、2Tから低音パートへのコンバートが必要か??

実は・・・今回の演出面の事は何にも考えていないんですけどね。何か名案ありませんかね??

いずれにしても皆様お待ちしております。ピアノがNさんだと結構辛口かも・・・それもまた楽しみですね。

忘れていたのですが、交流会の出席が△マークのままの方が居られます。決定次第、私までご連絡ください。
 

事務局からのお知らせ

 投稿者:混声合唱団稚内フラウエンコール事務局長  投稿日:2016年11月 8日(火)17時16分8秒
編集済
  定演お疲れ様でした。当日ご来場いただいた多くの皆様から「良かったよ」「感動しました」など、お褒めの声が寄せらています。
今月20日は夢コール、12月は年末行事、そして来年は創立40周年。寒さに負けず、気持ちを新たに頑張りましょう。さて、ベースのMさん、ベースの七飯町のKさんのご尽力で定演CDが完成しました。ご希望の方は9日の練習日に300円をご持参下さい。お待ちしています。
 

一か月ぶりの投稿です

 投稿者:あの男  投稿日:2016年11月 4日(金)21時50分18秒
編集済
  ナンダカンダと色々忙しく、気がつけばひと月ぶりの書き込みです。

定期演奏会無事に終わりました。

仕事に追われていた現状からすればマズマズ無事に終わったとも言えそうですが、個人的には(良いとは言えなかったものの)大過なく終えられたのは嬉しいことです。今回は年の途中から4年ぶりにベースに替わったのですが、パソが壊れたり、慣れない仕事が始まったりと色々あり、本番までほとんど自宅練習をする事がありませんでした。それでも何とか乗り切れたのは幸運としか言い様がありません。指揮者さんをはじめ、サポートして下さった皆様に感謝です。

さて、11月20日に「夢コール」があり、16日・19日に指揮者も参加して練習がありますが、間の17日・18日の両日、教会で男声合唱用の練習をしたいと思っております。「お願いします、拝みますぅ~!!」・・・夢コール参加の男性陣の皆様。確か私を入れて6名の4パート。奮って是非ぜひご参加ください。

夢コール本番を入れるときついんですが・・・無理は承知。本当に申し訳ないです。

本当はそれより前にもう一日、紳士の社交場Sさん宅で音取り練習を企画したいのですが、こちらは私の仕事の関係で不透明です。(何とか実現させたいと思ってますけど・・・)。

形の上ではこの男声合唱は交流会の余興に過ぎませんが、ゆくゆくは各団体の男性たちが唯一参加できる「男声合唱」の場としたい、と思っています(状況が許す限り・・・という条件付きですが)。またこの小さな機会を生かしつつ男声合唱のレパートリーを増やして行ければ・・・とも思いますね。

打ち上げの席上で、参加予定の男性陣の皆さんに楽譜を配ったのですが、酔っててよく覚えていない。貰っていない方は私までご連絡ください。面目ない!!
 

胴上げ !

 投稿者:百名山  投稿日:2016年10月27日(木)08時24分57秒
  昨夜は、稚内文化センターで最後の練習が行われたが、正直なところ日本シリーズが気になり、指揮者には申し訳ないが、集中出来なかった。自宅に戻り、TV画面をのぞき込み、自家製のSMOKED SALMON を齧りながらSAPPORO BEERを、美味しく頂いた。

予想としては、定演の打ち上げが、運悪く決戦日になるのではなかろうか? これも困ったものだ! 我々団員も日ハムも一緒に「胴上げ!」したいものである。

狛犬軍団テノールには、腰痛やマイコプラズマ肺炎(?)で苦しんでる団員が若干名います。10月30日は観客席や自宅で静養にならないようにユンケル飲んで頑張りましょう。私は釣り上げた16本の秋アジパワーで乗り切ります。
 

やれやれ

 投稿者:あの男  投稿日:2016年10月12日(水)22時44分49秒
  28161

私、パソコンが壊れていたのですが、本日ようやく新パソが到着しました。
念のために書かせて頂きますが、本日の練習の欠席とパソの我が家到着は関係ありませんぞ!
ついでに言うと、日本ハムの試合も関係なし。純粋に仕事の都合です。

ともあれ、2か月ぶりの書き込みです。

しかしながら、残念なことにこのパソにも、Winndows10にもまだ慣れていないので長い書き込みはできません。

みなさん、もっと書き込みお願いします。

久し振りにここを覗いてみて、皆さんがけっこう書き込んでおられたのでビックリ。イイですねにぎやかで。

定演まであと3週間弱、頑張りましょう。私はあまり練習に出られないかもしれませんが・・・
 

報道関係への対応について

 投稿者:土曜日の男  投稿日:2016年10月11日(火)21時46分44秒
  今週12日水曜にFMわっぴ―さんが15日土曜に日刊宗谷さんが練習風景を取材に来てくれます。

よろしくお願いいたします。
 

SO-YA夢コール

 投稿者:帆笑夢  投稿日:2016年10月11日(火)20時16分37秒
  混声合唱団稚内フラウエンコールの定期演奏会もいよいよ間近に迫りました。 10月30日です。
曲目をできるだけ暗譜しようと日夜スコアーと睨めっこをしている今日この頃であります。

定演が終了すると、こんどはSO-YA夢コール合同合唱祭が11月20日に開催されます。
今年は15回目です。 宗谷及び利尻地域の歌を愛する老若男女が集いそれぞれの合唱を披露するのです。

今回の参加団体は稚内東中学校、島の音、エンジェルボイス、旧上勇知小中学校、あじさい、アルメリア、フラウエンの7団体です。 そして合同合唱「大地讃頌」「宗谷岬」には皆で楽しく歌う会の皆様も参加してくれま

す。 このホームページのご愛読の皆様どうかフラウエンコール同様にSO-YA夢コールもごひいきに宜しくお願いします。

光る海 青き大空果てしなく 風さわやかに利尻を仰ぐ 歌へ!歌へ! 高らかに 宗谷の里へ 集う仲間 SO-YA夢コール

歌の波 こころを結ぶ海原へ 小舟をそっと漕ぎ出すように 歌へ!歌へ! 安らかに 宗谷の海へ 集う仲間
SO-YA夢コール
心の歌 時空を超えて誘うよ 子らへつなげ明るい未来へ 歌へ!歌へ! 朗らかに 宗谷の空へ 集う仲間
SO-YA夢コール                   
 

月刊 道北 10月号

 投稿者:百名山  投稿日:2016年10月 4日(火)11時13分43秒
  月刊 道北 10月号に定期演奏会の記事が掲載されました!  

今年も活動開始します

 投稿者:土曜日の男  投稿日:2016年10月 1日(土)22時28分34秒
  久しぶりの投稿です(^^)/

今年も10月30日日曜の定演に向けた広報の仕事を担当します。よろしくお願いいたします。

報道機関への対応状況について今日の練習でお配りしました。

まだもらってない方は来週水曜以降の練習時にもらって下さい
 

福島 回復する力

 投稿者:百名山  投稿日:2016年 9月28日(水)17時07分10秒
  今朝の読売新聞の医療ルネッサンスに、「福島 回復する力」と題して7回シリーズの記事が掲載されていた。紙面を開けた瞬間に、胸に突き刺さるものがあった。タイトルが、「放射能不安 頻繁に手洗い」である!

「この手が感染源にならないか。子供が病気にならないか。手を洗いたい。生ごみや物置の扉にふれるたび、1日20回近く蛇口をひねった。洗わなくていいの?洗えばいいの? 会う人ごとにそう尋ねた。」

まさに、記事の内容は「つぶてソング」そのものであった! 日常を取り戻すまでには、まだ困難が待ち受けていた。
このシリーズは、震災と原発事故に遭遇した福島で、回復と成長に向けて歩む人々の姿を探る、と結ばれていた。なお、インターネットでも、医療ルネッサンスの記事は読めると思います。
 

Ave verum corpus(3)

 投稿者:百名山  投稿日:2016年 9月26日(月)08時17分51秒
  昨日の集中練習で、Ave verum corpus の歌詞について帆笑夢さんから聞かれましたが、ドイツ語でないので自信がありませんとお答えしました。
YOUTUBEで Ave verum corpus(Mozart) king's Colleg, Canbridege の歌声はとても美しいです。特に高音が教会の壁に響いて、ミサにあずかっている臨場感を得られます.
 

文化センター

 投稿者:百名山  投稿日:2016年 9月20日(火)19時25分40秒
  早朝散歩で、文化センターの前を通りすぎた時に、「混声合唱団稚内フラウエンコール」の看板を見つけました。 今年も、遂にこの時期が近づいたことを実感した。
看板から、「暗譜だ!暗譜だ!暗譜だ!」と、あの女子レスリングの父親の声援が聞えてきた?
皆さんご高齢なので、事故や病気のない様に、全員が無事に舞台に立てることを祈るばかりです
写真は、散歩の終着地点の稚内公園の「氷雪に門」です。
晴れていれば、秋アジ釣りはおあずけにして、散歩します。
 

アンコールって!

 投稿者:doji子  投稿日:2016年 9月19日(月)11時54分12秒
  昨日の訪問ボランティアお疲れ様でした!
ピアノデビューのNNさん・帽子を被って楽しく進行してくれたFさん・全くの練習無しアコ伴奏のNTさん、力仕事のピアノ運搬のNYさん、そして歌で協力してくれた団員の皆さんありがとうございました!
今年も一緒に口ずさんでくれたり、手拍子を入れてくれたり、手遊びをしてくれたりと反応が沢山あって歌い手の私たちが励まされました。
アンコールの声が上がり、入所者さんの近くで歌いましたが、「思わず胸がいっぱいになって涙が出てきて困ったわ」と数人が話してました。
職員の皆さんから「楽しかったです」「喜んでましたよ」「またお願いしますね」と嬉しい言葉をかけて戴きました。
想定外のアンコールに対処できるよう、曲の用意だけはしておかなくては・・・と反省!
昨日は青空も広がり会場は暑かったですが、とても心地よい時間でした!!
 

レンタル掲示板
/75