teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


熊本で地震

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 4月16日(土)09時00分43秒
編集済
  25384

一昨日、何か書こうと掲示板を開きましたが、熊本で震度7の地震発生。なにか気力が萎えてしまい書き込みを止めてしまいました。
という訳で今朝になってから改めて書こうとテレビを点けましたが、また地震。

テレビの報道によれば、一昨日のが「前震」だったのだそうで、今朝のが「本震」との事。一昨日の9名の方に続き、今朝も多くの方が亡くなったり行方不明になっておられます。
南阿蘇では学生寮が倒壊し生き埋めの方が多数とか。皆さんのご無事をお祈りしております。

さて、前回の練習にも一言。
私が練習場に入ると、何事も無さげに某指揮者さんが立っておられました。確かに違和感なく感じられましたが、練習前段、恒例の「語り」を聞いてみますと、やはり、移動時間はトータルで約10時間、その他に札幌での待ち時間が2時間ほどと、やはり大変な時間を掛けて来られたようです。
しかもこれからは、函館へ同じ時間を掛けて帰られる・・・

そんな状況の中で、稚内市内での移動はバスと歩き。何か物理的にお手伝いが出来れば良いのですが・・・我々に何が出来るか、支援の体制も検討されてよいかと思います。

それともう一つ(これを書くとチョッと嫌がる人も居るとは思いますが・・・)
何よりの恩返しは我々が「上手くなる」という事かと思います。練習しましょうよ。

我々も「つぶてソング」のせいで、地震被害に対しての感性のアンテナが高くなっているのしょうか、辛い報道が続きますね。
 
 

春の河原の風景?

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 4月 8日(金)14時45分52秒
編集済
  先日(水曜日)の練習では音取りルームで久々のs●さんの伴奏で練習させて頂きました。
会場に来るまでs●さんその事を知らなかったそうで、「初見」状況で弾いて頂きました。
後で「歌の練習は出来たのですか?」 と聞いたら「演奏に夢中で全く駄目でした・・・」との事でした。お気の毒です。

さて・・・現場では、緊張しているs●さんを他所に、他の団員は当然の様に大きな声で歌いだしていましたが・・・

たまたま川原あたりを通りかかった優しい青年を、タマゴから返ったばかりのアヒルのヒナたちが親と間違ってどこまでも、グぁーグぁーと後を付いていく図・・・
という風に見えました。
いずれにしてもs●さんご苦労様でした。またよろしくお願いいたします。

「愛は時を越えて」は3番まで音取りを終わりましたが、この日復習していなかった1番の冒頭の入りの部分では、女性とのあわせ練習で完全に脱落しました。個人的にもほぼ毎日練習しているのですが、ほとんどピンポイントで出だしの音を出せない。 あの音は難関です。

話は変わりますが・・・
「燃え上がろう」。この曲を歌っている各団体では、どこでもこの歌詞の解釈について喧々諤々の大議論があるそうです。「なぜ、喜びながら・・・」なのか?
おヒマでしたら、ぜひ朗読して下さい。10回くらい読めばなんか変わりますよ、。



 

難曲!

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 4月 3日(日)08時54分40秒
編集済
  昨日(4月2日)の練習では、男性はベース3名(ローべ2人、バリ1人)、テナーもお百さんを除く5名が集結とまずまずの出席率。女性陣も集まりが良く、(最終的な数は知りませんが)開始時点ではS4名、A8人くらいは居られた様子。
特に冬の間お休みされていたアルトのUさんや、定演をお休みのソプラノN嬢が久しぶりの参加だったのは嬉しい限りで99点の出来。N嬢、帽子さえかぶって来てくれたら100点だったのに・・・(冗談です)。

男性陣は、わざわざ小会場で、ピアノのAさんにミッチリご指導頂くという機会だったのですが、些か残念ながら「愛は時を越えて」では、前回練習の復習の線から前へ進めませんでした。従って未だに3番は手付かず。
特に私は色々なメロディーの頭の音がとれなくて大苦戦。S御大のリード無しでは歌えませんでした。「愛は・・・」は、当初の見た目ではそれ程難しい曲とは思えなかったのですが、中々の難曲です。
例のLo Loの部分も結構難しい。「ローべは男2人で気をつけましょう・・・」と言い交わしながら練習しました。「これがホントのLO Lo介護」。後の席のバリのNさんにウケてました。

さて函館の某指揮者さん、引越しの後片付けに大ワラワの事と推察いたします。確か前回の網走引越しの際も「しばらくパソコンの契約が出来なくて開けません・・・」なんて言っておられましたが・・・今はスマホで何とでもなるのでしょうね。

ついでですが、今テレビを見ていましたら、函館の桜の開花予想は4月29日だそうです。羨ましい事。
 

まっかっかか??

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月31日(木)22時44分15秒
編集済
  25,197

今回の練習では練習会場に入るや・・・人数の少なさに少しビックリしました。タマタマといえるのか・・・少々寂しい(終了時点にはソコソコになっていましたが)。
特に練習開始時にソプラノさんが一人も居なかったのは残念。数分後にS●部さんが来られ、本人もあまりの事にビビッていたのが可笑しかったです。数十分後に同じソプラノのS●さんが来ると、イソイソと椅子を取りに行くという大サービス。S●部さん、心なしかスキップしているように見えたのは私の錯覚でしょうか?

この気持ち分かるなぁ~・・・
今でこそ掃いて捨てるほど・・・(そうでもないか)・・・いる男性陣ですが、私や百名山さんが入団した8年前(多分)は、練習開始時にTとBを合わせても一人か二人でした。終了時で合計二人か三人(あ~ら不思議、これが定演では七~八人になるのですが)。その時には誰か男性が入室してくれると、嬉しさのあまり人目も憚らずハグしたくなったモンです。

帰り際、お二人と一緒になったので話を聞いてビックリ。3月に若い二人が転勤したので、今のソプラノさんは五人だそうですね。ついこの前までテナーに在籍していて圧倒されまくっていたので、そんなに少ないなんて気が付きませんでした。

さて今回の練習では中心になったのはやはり「愛は時を越えて」。ピアノのS先生を中心の練習でしたが、「この曲の一番の問題はリズムだ!」とばかり、リズム読みを繰り返して下さいました。30分くらいリズム中心の練習を反復したでしょうか?

ハタで見ていて、こんなに手拍子したらピアノが弾けなくなッちゃうんじゃないか??と心配したほど。多分S先生の手の平は真っ赤になっていたでしょう。ありがとうございました。
でも結局、この曲最後まで行けませんでした。この曲の見た目と違った難しさが分かろうというものですが、団員が皆それぞれ自分の不出来な部分を反復しあった結果です。自主性の前面に出た濃~い練習でした。
ところで「愛は・・・」の詞、ケレン味は無いですが良いです。
 

大冒険??の始まり

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月27日(日)01時25分15秒
編集済
  25140

某指揮者さんが網走からの最後の来稚練習が無事終了。来月以降は函館からの来稚となります。
奇しくも本日は北海道新幹線開通の日。皮肉に考えれば函館からなら東京に向かったほうが(時間は)半分以下・・・になります。恐らく道内各地の中小(零細?)合唱団では前例のない指導形態でしょう。 (^^;

まさしく大冒険・・・というよりは、我々みんなにとっての試練の始まりかも知れません。このチャレンジが、(何より某指揮者さんにとって)安全で心楽しく想い出に満ちたものとなるように祈っております。
かく言う私も(昨年チョッとゴネたのを反省し)出来る事なら何でもお手伝いさせて頂く・・・とお誓い致します。
某指揮者さんの心意気に報いるには、もうやるしかない!! (>_<) 我々にも覚悟が要ります。頑張りましょう!!

本日は5時から定期演奏会の選曲プロジェクト会議の開催。練習自体の人数もそこそこ戻り、充実しておりました。
尚、私事ながら、当初悩んでいた喉の痛みもなくなりました。多分、ベースのS御大の復活で、力んでいた力が抜けたのでしょう。S御大の神通力恐るべし。

ソプラノのSさんは今回が最後の練習の由。市立病院のお二方ももう稚内を離れられたでしょうか。去り行く皆様方のご多幸を心よりお祈り致しております。(T-T)/~

 

26日の連絡です

 投稿者:doji子  投稿日:2016年 3月23日(水)22時29分46秒
  26日について3点確認です。
休み時間にお伝えし忘れました!ゴメンナサイ!!
①選曲プロジェクトの方は5時から行いますので、早いですがよろしくお願いします。
②練習は6時30分開始です。
③先週段ボールがありましたら~とお知らせしてましたが、なんとか間に合いそうですので沢山 のご協力は必要ありませんとのことです。
 

S御大

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月20日(日)05時26分49秒
編集済
  25,042

本日の練習は当初、発声練習前には男性7名(T4名、B3名)に女性が6名くらいでしたので少々ビックリしていたのですが、開始とほぼ同時に女性数名が駆けつけてこられ、何とか通常通りの練習となりました。
前半は斉唱の「放射能」の完全なマスターという事で比較的地味な感じの練習でしたが、今まで気が付かなかった些細な部分にも指摘が入り、良い感じに仕上がったと思います。
続いて四声版の「フルサト」の復習でしたが、前回、某指揮者さんに「120点中の119点」とまで言わしめたフルサトもかなり不備が目立ち、こんなんだったか??と愕然。何か魔法が解けちゃったような感じでしたが、良い手直しが出来たようです。あまりウルサクモ言えませんが、要は地道な自宅練習という事なのでしょう。
それにしても、こういう指導者無しのメンバーが各自気になる点を指摘し合う地味な練習は私は割りと好きです。doji子さんの粘リーダーシップに感謝。

S御大について心配しておられた方も多かったようですが、終了後に送ったメールには「来週、元気に帰ります」とお返事がありましたので、Sメールの少ない字数で状況は判然としませんが、大丈夫なのでしょう。23日の練習には参加予定との事です。まずはめでたい。

次回練習では「フルサト」の四声になりますが、某指揮者さんに下駄を預けられた終盤の男性が三つに別れる部分、今日は話し合う機会がありませんでした。
S御大が通常復帰となりますとどうなるのか?? ローベが3名で、バリにコンチさんとテナーからお一人入って頂くのが現実的かと思うんですが、どうでしょう??
 

あれま!! 祝25,000!!

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月17日(木)17時18分58秒
編集済
  25,000

何気なく掲示板を開きましたら、25,000アクセス目をゲット。特に何の得にもならないもののやっぱり気分は良い。
少しこの掲示板の事を振り返りますと、2005年に開かれたのが最初で、しばらく空き家状態になり、その後、某指揮者さんがブログを立ち上げ、私は2012年12月から掲示板に書き出したのですが、その後3年3ヶ月でみるみる増えて、25,000アクセス達成。最初から計算すると11年目での達成です。
一時は一日50アクセスくらいあったのに、ここの所は一日15アクセスくらいでしょうかね? 最近ワタシは(落語風に言えば)棲みついている長屋の古株のご隠居か差配役のモクべぇさんといった役どころ。「読み専」の方が多くなったのは少し残念。

さて、ベースのS御大からのお返事メールがようやく来ました。(これから先に行う検査についてはまだ油断は出来ないものの)「今のところ異常は発見されていないというので、何とか無事に帰れそうだ・・・」という内容でした。まずはこちらもメデタイ。

さて・・・昨日の練習前(一昨日か?)には某指揮者さんとフラウエン執行部とのお話しがあり、無事に今後の指導体制について決ったようです。来月からは某指揮者さんとフラウエンの「函館時代」の到来・・・という事になりますね。個人的には大変に嬉しい。
とも角、やってみない事には分かりませんしね。何よりあの練習の楽しさは今やフラウエンの魅力の大半を構成しているようにも思えます。

ところで昨日の練習も、大変充実していました。「ターボSさん」は欠席でしたが、残ったテナー4名にも気迫を感じました。ベース3人もスッカリまとまった感じ。移籍から練習たった3回目の私が言うのも変ですが、(我田引水的ながら)レコーダの録音を聞いても一体感がありました。
個人的には練習最初の発声練習でも「低音の出し方」に気を遣ったご指導を頂いたせいか? あまり喉を痛めずに終えることが出来ました。これなら「ローべ」も行けソウ!!
 

新エンジン?? ヤング大明神??

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月13日(日)15時16分52秒
編集済
  24,924

習慣とは恐ろしいもので、ツイツイ書いてしまうのですが・・・

稚内もようやく日中はプラスの温度になりました。そのせいか、出席率(特に女性陣の)もようやく上向き。
正確には把握していませんが、発声練習の開始時点で女性が15~16人くらい、テナーが北斗の犬さんことNさんを除く5名、ベースが4名(S御大が復帰)という事で24~25人はおられました。やっぱり良いですよね。音の厚みが違います。

今回はS御大が復帰したという事で、存在感の大きさを実感させられました。実際に一日経って、私の喉も前回ほど痛さを感じる事はないのはベースパートに多少馴れたという他に、御大の参加で力まず安心して歌えたのでしょう。

ところで、テナーではS原さんの存在感が増してきたように見えます。元々音程が正確で声量もあるので、まるでテナーのエンジンのようです。昨日は特にN副団長もおらず、途中で仕事の為に土曜日の男ことFさんも抜けたので、そんな感じが際立ってきました。

総会での新入団員の自己紹介で、いみじくもご本人が言っておられた様に、合唱経験はあまり無い・・・との事ですから、後は発声のみ。ますます発声を磨いて「ヤング大明神」として頑張って頂きたいものです。周りが「狛犬」化すると困りますが・・・(^^;

ともあれ・・・Sさんは何より合唱が楽しくてしょうがない風情で歌っているので、見ていても楽しい。

いっぺん男子会の流れで、彼のカラオケでもジックリ聴きたいよね。
 

フルサトは・・・

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月11日(金)21時46分0秒
編集済
  29896

明日は練習があるので・・・
「フルサト」を練習してはテレビを見、の繰り返し(ばかりじゃないけれど)、何とも切ない3月11日です。今年、これを特に強く感じる様なのは、やはり「つぶて・・・」のせいなのでしょうか?

今まで書かなかったのですが・・・
前々回の練習の事。本当に久しぶりに帆笑夢さんと隣りあわせになって「フルサト」の斉唱バージョンを歌った時、何気なく隣を見て、あまりに切なそうに唄う帆笑夢さんの姿に胸を衝かれました。私のような「開拓三世」とは違いますね。

つくづく、「フルサト」はツライなぁ~・・・

ツイツイお酒も進んでしまうのですが、だんだんにやり場のない想い(半分怒り??)がこみ上げてくるのがこれまた辛い。

自分なりに「悼む」為に、また少し練習します。

ところで・・・下の帆笑夢さんの詩を朗読してみました。
中々良い!!

お亡くなりになった皆さんとご家族の上に、そして被災地の皆さんの上に、安らぎがありますように祈ります。
 

風の電話

 投稿者:帆笑夢  投稿日:2016年 3月11日(金)14時32分51秒
  早いものですね。3,11から5年も過ぎたのですね。常任指揮者さんも仰っておられるように、この災難を風化させないよう今年の定演で「つぶてソング」をしっかり歌いたいと思います。 そしてこの詩の内容を市民のひとり一人に伝わるようにと練習に精を出していきたいと思っています。

昨夜NHKテレビで「風の電話」というドキュメントがありました。
内容は被災地の丘にたっている電話線の無い電話ボックスで受話器を取りながら亡くなられた愛しい方々に身内の人々が通話をしている姿でした。

無言の人、泣き崩れる人、、、でも電話ボックスから出てくる人達はみな安らいだ顔を見せておりました。 心が折れそうになったらまたここに来たいと言っておりました。

風そよぐ丘の細道
頂きに立つ白い電話ボックス
愛しき者の声を運ぶ風
愛しき者たちのこころを結ぶ風
海が見える穏やかな海が
おお!愛しき者の声が聴こえる

         帆笑夢



 

お別れ??テナー団漂流記 VoL216 色々お世話になりました m(__)m

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月10日(木)09時36分38秒
編集済
  3月は稚内でもお別れシーズンで、フラウエンでも先日、3人の方の送別会を行ったばかりですが、本日、ワタクシも転勤? もしくは出向??になりました。問題が小さい場合には「出張」程度で済むかもしれませんが・・・何処へ?と問われますと・・・生まれ故郷のベースさんへの復帰です。

つらつら思いますに、2013年の1月以来、丸々3年。足かけ4年のテナー生活でした。先週テナーのパートリーダーに復帰したのに、もう失業。転勤は転勤でも「左遷」でしょうかね??(冗談です)
今日のテナー団は私を除いて5名。人数もほぼMAX でしたが、一度しか4分混声に合わせていないのに素晴らしく、某指揮者さんは絶賛でした。もっとも一番最初はナンか心配そうな声の出し方で「か細く」感じていましたが・・・後半はのって来ていて、ともかく立派でした。

ベースに回った私の方は、無理もしたんでしょうが今も喉が痛い。ベースの歌い方を忘れてしまったんでしょうか?? 少少ショックです。ここでハテ?と思ったのですが、私、過去2回のベース生活ではローべは初めてなのかも知れません。良く覚えていませんが、ずっとバリトンだったんですねきっと。これからのベース生活は修行のし直しでしょうか?

そんな訳でテナー団漂流記はこれでおしまい。ベース団漂流記シリーズ??・・・の掲載予定は多分なし。何かあったら折に触れて書くつもりですが・・・

ともあれ、改めてテナー団の皆様お世話になりました。お互い頑張りましょう。良いハーモニーが出来ますように・・・

明日、某指揮者さんのご転勤先の内示がでそうですよ。近ければ良いけれど・・・明日のブログに(書かれるかどうかは分かりませんが)祈るような気持ちです。

 

テナー団漂流記 VoL215 総会

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月 6日(日)21時25分32秒
編集済
  24820

昨日、総会が終了し、その後会場を移動し送別会。
最近の練習参加者の状況を見ますと、歌を歌わずに会議だけの総会というのは相当参加者数に影響が出るのではないかと思っていたのですが、案に相違して通常の練習を上まわる程の参加者数となりました(多分23名くらいだったでしょうか)。
意外と言っては失礼ながら、メンバーの意識の高さが現れたのでしょうが、転勤するというのに総会から出席して下さった3人の若い女性メンバーに助けられた側面もあったのでしょう。

提出された議案はそれぞれ承認されたのですが、本HPの細部に責任を持ち対応する管理委員会の立ち上げも認められました。大変結構な事と思います。実は個人的には今年は3つか4つのお役目を頂き、かなり忙しそうです。フラウエンへのご奉公という事で頑張ります。

送別会では団長の自腹で、ご転勤の3嬢にバラの花などが贈られ和やかな良い雰囲気。周辺の宴会が終わる頃を見計らって、最後は「大地讃頌」を歌っての大団円になりました。

個人的には熱燗など機嫌良く呑んでいた私の前で「チョコレートパフェ」等を頬張るご婦人方もいたという所が、(男子会ではない)フラウエンらしく、いとオカシ(文句ではありません、悪しからず)。

さて、次回は某指揮者さんの来稚練習となるのですが、少々気がかりな点もありますね。勉強も兼ねてベースのパートも何度か聴いておく事にします。

ところで・・・宴会中に
「あの男」は市立病院では「小児科」に罹っているらしい・・・という噂が飛んで居りましたが・・・デマですからね!! (-_-;)

 

テナー団漂流記 VoL214 ご自愛下さい

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月 3日(木)00時53分37秒
編集済
  24763

本日のテナー団は参加6名。全体に最近は練習参加者が少なめの中で、テナーは毎回中々の好成績です。「土曜日の男」Fさんが、参加できない水曜日の練習としてはMAXの人数。前回体調不良で欠席していたNさんも元気に参加。少し心配していたのですが一安心でした。

今日の音取り練習はマズマズの出来。Nさんは始めての曲だったのですが、全体の音取り度(こんな言葉がありましたかね??)はかなり高かったと思います。中でもピアノも弾くS原さんの存在はありがたい。正確な音程で声量もありテナー全体を引っ張って下さるので助かります。

今日は私、両側(S原さんとN副会長)から叱られてばかりでした。曰く「Hum-と、ルルルがゴチャ混ぜです」。曰く「間違えた時のリアクションがイチイチでかいよ!」といった所。ま、これもテナーの風通しの良さでしょう。
挙句の果て、団長のお土産のライチ・・・テナーみんなで俺の椅子の上で食べてるんだからなぁ~・・・事務局さんには早く座れ!と叱られるわ・・・散々でした。(冗談です)
総会が挟まるせいで、次回の練習は1週間後ですが、自宅練習さえ積めば「フルサト」の音取りには目途が立ったかも。福島県南相馬出身の開拓三世の私には、切ないけれど愛しく美しい曲、某指揮者さんに磨いて頂くのが楽しみになってきましたが・・・どうなるんでしょう??

話が戻りますが、出席率の極めて良い男性陣ながら、前回の秋以来、定演を含め、欠席の最大理由は「体調の不良」です。風邪位ならともかく、決して若いメンバーばかりでは無いだけに、一歩進んだ体調管理を心掛けましょう。心配な事も聞こえてきましたが、何事も無い事を祈ります。皆さんもご自愛下さい。

 

ありゃま!?

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 3月 1日(火)09時24分51秒
編集済
  申し訳ありません。失礼しました。

連続八投稿後、久しぶりの別の方からの投稿が「訂正」のご指摘とは・・・
凹みます。

以下、下記の書き込みを訂正いたしました。

 

総会は5日ですよ!

 投稿者:doji子  投稿日:2016年 2月29日(月)14時24分25秒
  昨日の穏やかな天気は・・・嵐の前の静けさ!だったんでしょうか?
数年に一度の暴風雪とのこと!道東での悲劇を思い出します(;_;)
被害が無く収まって欲しいと願っています。

ところで、テナーさんのお当番は2日からですが、総会は5日ですのでお間違いのないように~
ご参加よろしくお願いしますね!!
 

テナー団漂流記 VoL213 お名残惜しい・・・

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 2月28日(日)22時49分7秒
編集済
  24715

27日の練習は少々人数が少なかったですが、意見が活発に交換され良い雰囲気での練習でした。個人的にはああいう感じは好きですね。皆さん大変前向きでした。ひょっとすると「フルサト」の世界が、何かを働きかけてくれたのかも知れません。

それにしても「フルサト」の1番のテナーパートは手強い。オリジナルバージョンで全体を把握していなかったら、自分が何を歌おうとしているのかも理解できなかったでしょう。ま・・・コツコツとやるしかないですが、この曲集は自宅練習が必須のようです。

5日には総会後に送別会とか。お若い3人の方とのお別れです。特にソプラノのSさんには本当にお世話になりました。長い間、いつも黙々と縁の下の力持ちを務めてくれてありがとう。チャンとお礼を申し上げる機会もなかったですが、感謝しています。お別れするのは寂しい事です。

さて、5日には総会もありますのでヒト頑張りしましょう。3月からはテナーの当番です。総会では力仕事もありますしね。
 

テナー団漂流記 VoL212  ありがとうございました。

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 2月25日(木)10時30分6秒
編集済
  24666:
朝から寒いさむい日した。こんな寒い日の最中に生まれたヤツの気が知れない・・・とお思いの方も居られるでしょうか・・・実は私の誕生日でした。
練習の休憩時に皆さんから「ハッピー・バースデイ・・・」と歌のプレゼントを頂き、感謝感激。きっかけとして率先して伴奏を弾きだして下さった「Sか」先生にも感謝申し上げます。ありがとうございました。

いつの間にか63歳になりました(改めて目で見るとへこむなぁ~・・・)。
昨日参加のベースのコンチさん、S御大、帆笑夢さんのお三方や、テナーの北斗の犬さん、お百さん、Nさんといった立派なお年寄り??(^^; に成長するように頑張ります。重ねてフラウエンの皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

ホントならば、これ程の皆さんのご厚誼に感動して早速「乾杯!!」となるところですが、残念ながら、ただ今「ピロリ菌」の除菌中。一週間の予定の本日が6日目。この間禁酒を命じられております。残念。

下のVoL209で、「フルサト」の歌詞の朗読をお勧めしましたが、勿論メロディーが付いても素晴らしい。昨日斉唱していて朗読とはまた違った感動を感じました。これが4部合唱になったらどんなに素晴らしい事でしょうか?? ウキウキというほど軽い曲ではなく、上手く言えませんが、ナンかズキズキと疼く様な重い期待感が昂じて来ています。
アンニー・ローリーも久しぶりにシンプルなハーモニー。歌っていて「ほっこり」しました。以前から焼肉パーティーをしていて、突然のように自然発生的に歌声が上がる様な状況が私の「合唱団」の一つのイメージ(男子会では結構やっているのですが・・・)。
ともあれこんな曲を、いつでも歌える曲・・・として、何曲かみんなで共有していきたいものだと思いました。
 

テナー団漂流記 VoL211 かなり良い出来!!

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 2月22日(月)14時05分3秒
編集済
  24609: 2016年の「生涯学習フェスティバルin北星学園大学」での出演無事に終了。食事会を経て帰宅した時には相当疲れておりました。これは結局のところ、歌い疲れたのではなく、喋り疲れたのでしょう。考えて見ますといい歳をしてお恥ずかしい事ではございます。

そんな訳で・・・録音していたフェスのステージを聴いたのは今日になってからの事。歌い終わったときの感想も含めて、かなり良かったように感じました。まだ某指揮者さんのブログに書かれていませんので、断定するのも少々勇気が要りますが・・・
特に大黒柱のS御大を欠いたにもかかわらず、ベースさんの声は実に爽やかに響いておりました。我々テナーの出来としても現状ではアレがもう精一杯の所。特に女性のパートソロに自慢げに参加するようなヤツも居らず(これは練習で懲りずに失敗を繰り返していた私の事ですが・・・)大きな失敗は無かったようです(ナンタッテ、土曜日の男さんが猛獣使いが動物を見張るように監視していたので、アレじゃやりたくても無理) (^^; 。

出演が各団体のトップバッターだった事もあり、観客数は少なかったですが、その代わりいつもこの会で気になる会場の出入りも子供の声も無く、意外にシットリしたステージでした。それにしても3曲目「あなたはどこに」を歌い終わった後のシーンとした感じ。確かに不思議な事です。もしかすると感動してくれたのか・・・? ま、そういう事にしておきましょう。

これで(ひょっとするとですが)某指揮者さんとの最後になるかもしれないステージが終わりました。今回だけは失敗したくなかった。この時期の私とすれば珍しく、本掲示板への「叱咤激励」風な書き込みも多かったですが、テナー団の皆様お許し下さい。限られた練習時間の中、みんな良く頑張って下さいました。感無量です。m(__)m

ついでですが・・・私達の少し後には札響のコンサートマスター・大平まゆみさんのミニリサイタルがありこちらも素晴らしかったです。思わずブラボーの声を掛けちゃいましたが、頼まれたわけでも義理があったのでもなく声を掛けたのは人生初の事かも・・・しかしこちらの方は会場への人の出入りや私語が目立ちお気の毒な事でした。札響のHPを見ると、大平さんのご出身も東北だとのこと。「つぶてソング」を歌おうとしている我々としては何かご縁を感じますね。

しかしま・・・何はともあれ、某指揮者さん4年間のご指導ありがとうございました。あっという間のようにも感じますが、本当に楽しい時間でした・・・とは言え、まだどうなるかは分かりませんが、僅かでも期待していると駄目だった時の喪失感が強くなりすぎます。私は昨年団に復帰した時から、この3月でお別れと完全に覚悟していました。

今じゃ、あまりに完璧に覚悟が出来ているので、もしも引き続き指導を受けられるという事になった時にゃ、逆にガッカリしちゃうかも・・・(うそ)(^^ゞ
ブログにSか先生の撮られたステージの写真が掲載されています。俺のアイソ笑い・・・嫌らしいほどやっていた筈なのに・・・何処いっちゃった・・・? (+_+)

 

テナー団漂流記 VoL210 ほんまでっか??

 投稿者:あの男  投稿日:2016年 2月20日(土)23時22分36秒
編集済
  24582:少々不安はあるものの生涯学習フェスの「北星ステージ」に向けての最後の練習が終わりました。本日のテナー団は7名の全員参加。ベースさんも4名の全員参加でしたから、今年2度目の男性陣の完全出席となりました。

今日の練習では主に「広い川・・・」と「あなたはどこに」の2曲で大半の時間を費やしましたが、「広い川」の方はより完成度を上げようという練習なのに対し、「あなたはどこに」はまだまだ。(私も含めてですが)結局、本番前日でも音取りを確認しつつ・・・という体たらくになってしまいました。少し残念。ま、こうなったらもう腹を決めて歌うしかないのですが・・・

その他の2曲については、私、下に書いたとおり歌自体よりも「笑顔」と「顔を上げる」の二点に露骨に気を配っての練習でしたが・・・笑いを強調し過ぎてバカに見えませんでしたでしょうか??・・・チョッと心配です。

ついでですが、お百さん夫人のKさんから、「あなたは女性の隣で歌う時には笑顔が多い!」 と指摘を受けました。ほんまでっか? そんな事実は無いと思いますけどね。私は横が土曜日の男さんでも 北斗の犬さんでも何の不満も無いのですが・・・言い方変かな??
 

レンタル掲示板
/75