新着順:256/2258 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:とろりん村のとろりメール  投稿日:2010年 8月30日(月)18時55分53秒
  通報
  ☆伊丹米夫さま

はじめまして。

今回、EMIから発売された「懐かしのカヴァー・ポップス・ベスト」に梅木マリ(さらに言うならば、ベニ・シスタ
ーズと斎藤チヤ子)の曲が収録されたのは、まさしく「快挙」だと思います。

梅木マリの現役時代を知る人によれば「当時はテレビでよく見かけた」そうですし、彼女が60年代初頭の「ジャパ
ニーズ・カバーポップス黄金時代」の一翼を担ったことは紛れもない事実だろうと思います。

しかし、あれほどの歌唱力と美貌を持ちながら、「梅木マリ」の歌手生活はごく短期間で終わってしまい、もはや世間
からは忘れ去られつつあるという感が否めません。梅木マリの動画は現存しないと言われており、テレビで採り上げら
れることが少ないのも一因なのかもしれませんが。

それだけに、「懐かしのカヴァー・ポップス・ベスト」に「可愛いグッド・ラック・チャーム」が収録されたという
事実は、EMI(東芝音工)が梅木マリを「カバーポップス黄金時代を代表する歌手の一人である」と認識している証だ
と、ぼくは受け止めました。

梅木マリのファンとして、これほど嬉しいことはありません。

最後になってしまいましたが、今後とも、何とぞよろしくお願いいたしますm(__)m。
 
》記事一覧表示

新着順:256/2258 《前のページ | 次のページ》
/2258